otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

矢崎広のONとOFF


渋谷duo MUSIC EXCHANGE
昼と夜両方参加しました。
会場まで無事辿りつけるか不安だったけど、なんとか辿りつけて一安心。
お客さんが沢山入っていて、2階席まであったようでそれだけで嬉しくなる。

登場曲がドラクエwからのDoYourBest!で会場がざわつく。歌うのかと思いきや、途中でぷつりと音楽が切れて、ぴろしがマイクに向かって「ドューユアベスト!俺ベスト!」って言っただけだった。これで何となくこのイベントの緩さを感じるw夜の部では薄ミュに変わってたけど、案の定「ヤイサ!」って言っただけだった。

「ぼくとしょ2へようこそ。矢崎先生は保健室の先生なのでパルコ劇場にはいません!」
「ギリギリパンダから7年とかで、単独イベントが初なので緊張しすぎて嗚咽が止まらなくて顎がつりました」
「お察しの通りグダグダで行きますよ!」
昼の部は最初の衣装おかしい。パンクをださくしました!みたいな。スタッズたくさんついた黒ライダースの背中に何か顔ついてる。ダメージジーンズ膝見える。後ろに“吟味豹変”って書いてある(笑)
2部最初の衣装はだぼっとしたパーカー羽織ってて可愛い。水玉の靴可愛い。

・サイコロトーク
サイコロをお客さんに振って貰って、出た目のお題に答える。
一発芸、アカペラ、印象に残った舞台の話、最近興味のある話、恥ずかしい話など。昼と夜でお題が変わっていた。
一発芸のクオリティの低さでお客さんから笑い声がおこらないw
アカペラは『月が綺麗だ』と『錦』
錦は以前の戦国鍋イベントで事実が曖昧になっていたけれど、あの高音は出るけれど集録したのはあれより低いキーで、音を弄って上げているのであのキーで歌っているわけではない。録った時のキーで歌いますね、と歌いだしたは良いものの途中で声が出無くなって、セルフツッコミ。これから歌も歌うのに!
舞台の話は、マクベス、緋色の研究、大江戸鍋祭、薄ミュについて。
マクベスは確実に自分の転換期になった。今までの演技を全てぶち壊した。
緋色は、中屋敷さんの目はたまにガチです(笑)初めての朗読劇だったけれど、とても面白かった。
大江戸鍋は、同じ年代の人たちがあんなに集まる機会ってそうそうある事では無いのでとにかく楽しかった。沢山飲みに行った。村井君とか三上君とか、同年代で同じように頑張っている人たちがいるんだなと確認できた。
薄ミュは背中を見せることを意識していた。
最近のハマりものはパワプロ。二時間語れる。今回は大学野球編で~と嬉々として語り始めたらマネージャーさんに巻け言われて、不服そうに、でもなぜかかっこつけて「パワプロです…」
「恥ずかしかった話…はずばな!」\はずばなー!/「小堺さんになった気分!」
「twitterでも呟いたけど、弟の野球見に西武球場に行くのに何度も乗り換え失敗したこと。途方にくれてベンチに座ってたら、黒人さんに「これどこ行くん?」って聞かれて疲れはてて呟いた」

・モノマネコーナー
平泉成(井澤勇貴からパクりました!)スギちゃん、田中真紀子、中屋敷法仁、ドラえもんの笑い声(似てるw)、上杉達也、志村けん、堂本剛(1部はなぜか怒濤の剛押し)、犬、ニワトリ、iphone5、電車で痴漢に間違われる人かーらーのー堂本剛、東方神起かーらーのー中屋敷法仁など
中屋敷さんのモノマネが大変気持ち悪いw

・私物プレゼント
帽子、リュック、カバン、物販のミラー、八犬伝ポスター、バックステージパス(ぴろしが出演する舞台、今後どの舞台でも1度だけバックステージのぴろしの楽屋に入れる券)。
ぴろし曰く「ちぎったやつ。チケットちぎったもう片方のやつ」を引いて、当たった人壇上に上げてその場でサイン書いて、手渡して、なんかめっちゃ会話して、握手して、ハグ。
お客さんにお尻むけちゃって、ごめんね!でも俺お尻よく誉められるんだよね。
マイクのコードが全く捌けずオロオロする。テーブルの足に挟まって、「なにこのテーブル生きてる!」
自分からハグしたのに異常に照れて汗だくになるw用意してた私物少ないよねって、楽屋からクッションとか持ってくる。
最終的には自分がつけてる指輪(よくつけてるスカルのやつ)はずしだして、お客さんにそれは駄目だよって止められるも、これあげる!
服で拭きながら「後で綺麗に拭いてね、あの、綺麗にするやつで!」あげすぎだよ…
八犬伝ポスターは「毛野のところにサイン書くのでコンプリートしてください」w

・Q&Aのコーナー
事前に募集してた質問に答える。手突っ込める穴が空いたボックスから質問の紙を取るんだけど、一発目から箱を壊す(笑)
口が狭いらしく、痛い痛い言ってた。印象的なものしか覚えてない…すごくたくさん答えてくれてたので!

Q,役はすぐ切り替えられますか?引き摺るタイプですか?引き摺るタイプならどうやって切り替えていきますか?
「完全に引き摺るタイプです。だって俺今ワトソンだもん!どうやって…教えてください!」


Q,父親似ですか?母親似ですか?
「完全に父親似です。弟はどうだろ…」

Q,たくさん貰ったお花やメッセージカードはどうしていますか?
「カードは全部持ち帰ってます。お花はさすがに全て持って帰れないので、1輪ずつ持って帰ってます。1輪でごめんなさい」(ぶわっ)

Q,舞台で怖くなったりしますか?
「マクベスの時は怖くなった。俺がマクベスで良いのかって。でも一人じゃないなって思ったらその瞬間から怖くなくなった」

Q,マネージャーさんに一言
「人間的に俺をすごく成長させてくれた。こんなに自分のことより矢崎広の事を考えてくれてありがとう」

Q,休日は何をして過ごしますか?
「ゲームです」(即答)

Q,髪を切ろうか迷っているんですが、女の子の好きな髪型はありますか?
「人に寄るからな…髪切ろうと思ってる人!(お客さんに手を挙げさせて、その中から何人かをステージ上から眺め)貴女は髪切っても似合いそう!貴女は色白だから金髪良いかも!貴女は元々ショートなの?じゃあ俺と一緒に伸ばそうか、俺も今毛野の為に伸ばしてるから……って勝手に言っててごめんなさい(笑)」

Q,カラオケでの十八番は何ですか?
「10代の頃はよく19とか歌ってたけど、今は何だろう…自分が歌えないような、キーが高かったり女の人の曲とか良く聞くんだけど自分で歌うの…え、てゆうかみんな十八番とかあるの?」

まだまだたくさん答えてくれたけど全部書ききれないというか、覚えていない!


ここで一度はけてクオリティの低いドッキリ企画w
紙コップの底が抜けてたり、コーラと偽って醤油だったり、ビリッと電流流れるペンだったり、映像撮影しながら風船割られたりw「いいからやって!」「演技力の問題ですね」スタッフさんに言われ放題でぐったりぴろしw

・ライブ
正装して(というかホストみたい)再登場。ジャケット、ワイシャツ、細身のパンツ、エナメルの靴。
1部は19の歌(なんだっけ)2部はバンプの天体観測歌う。今日の為に練習しました、というピアノで弾き語りは柴咲コウの最愛。しっとり素敵

・手紙
再び映像。皆さんに手紙を書いてきました、と朗読する。

”こうして自分で手紙を書いてみて改めてファンレターのありがたさと力を感じる。
いざ自分の気持ちを文章にしようとしてみると難しい。
手紙は夜に書くとロマンチストになれると聞いたので夜に書いてます。
僕の事を知ってくれたのはいつでしょうか?空色勾玉という人もいれば、緋色の研究という人もいるでしょう。
僕に興味を持ってくれてありがとう。
巡り会えた、これって奇跡…なんだかグリーンの曲みたいですね、ロマンチックでしょ?えへへ。
皆さんの期待に答えられているだろうか、失望させていないだろうかと上下も左右さえも高い壁に囲まれてしまうこともあります。でも、そこから光りを照らしてくれるのもやっぱりファンの皆さんです。”

そうやって言葉にして伝えてくれる事にとても誠実さを感じて、真っすぐな人だなと改めて思う。

・ラストライブ
映像が終わると、客席後ろからぴろし歌いながら登場。
1部はモーツァルト!の僕こそミュージック、2部はエリザベートの最後のダンス。
のびのびと歌い、踊る矢崎広が大好きなのでこれは本当に嬉しかった!
どちらも好きな曲で歌えて良かった。これからも舞台で頑張っていくので宜しくお願いします!と言っていた。
これは…ぴろしのミュージカルがとても観たくなる…!!!

・お見送り
1列目から呼ばれて(夜は2階席から)行くんだけど、ひとりひとりにすごく時間かけてくれるから一時間くらい待つ。
ありがとう良い子や…昼も夜も、本当にありがとうと直接彼に言う事ができた。ありがとうが言い足りない!


ぴろしはありがとうの気持ちをお返ししようとこのイベントを企画してくれたようだけど、私たちファン…というか私個人としてはいつも矢崎広という人に舞台上から沢山の感動や喜びや楽しさ等を与えて貰っているので、また更にこのイベントで両手に抱えきれない程貰ってしまった気分になった。
彼自身の声で仕事の話や考え方、沢山聞く事が出来て、スタッフブログにもあったけれどこれからもずっと彼は芯がぶれる事無く歩いて行く人なんだろうなと確信する事ができた。今後の活躍を十分に期待する事が出来た。
ただ楽しいだけじゃ無く、そういった未来を感じる事が出来て大変楽しく大変充実したイベントだった。
最初から最後の見送りまで、ファンの為に本当に考えてくれたイベントなのだなと思うと幸せという他無い。終始気を使ってくれてありがとう。

本当に私は矢崎広という人のファンであることが、大変に幸せで誇らしいです。
スポンサーサイト

カテゴリー:イベント
テーマ:観劇  ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。