otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

【映画】ゴーストバスターズ


2016/08/11 先行上映を2D字幕で観賞
監督:ポール・フェイグ

オリジナル版は子どもの頃好きだったなーという記憶があるけれどマシュマロマンくらいしか覚えてないレベル。
今回主要キャラクターを女性に変えてのリブートということで公開前からずっと楽しみにしていたんだけれど、正直なところ期待しすぎたかなーという印象だった。
主人公となる科学者のエリンのキャラがわりとブレてしまってる所がちょっと気になった。わりとあの中では慎重派に見えてたんだけど彼女の独断でゴーストを再び解き放ってしまうシーンなんて、あれエリンってそういうキャラだっけ??という違和感が。
それと彼女達を否定し排除しようとする市長とその秘書という悪役的キャラに散々な事を言われながらも彼らをぎゃふんと言わせるようなカタルシスが一切無いのがすごくモヤモヤするところ。言われっぱなしだしこれからも彼らが市長で秘書なのは変わらないんだろうし今後も彼女達ゴーストバスターズは表立って活躍を褒め讃えられる事は無いんだろうなあ、NY市民はわかってるよ!っていう取って付けたような演出も相まってそういうスカッとするような終わらせ方になってないのが気になる。にも関わらず最終決戦までが結構長いのも気になる。
最終決戦のアクションは楽しかった!!特にホルツマン無双が最高にかっこいい!!もっとこういうスカッとするところ沢山見たかった!!
お馬鹿と呼ぶには世間のお馬鹿キャラに失礼な程知性のまるで無さそうなクリヘム演じるケヴィンが一番美味しいとこかっさらって行った気がするなーハンサムでムキムキで黒ぶち眼鏡は確かにクラーク・ケントww日常生活がおくれている気がしないレベルの知性の低さだけどあの子はたぶん金持ちのマダムとかに生活費とか全部面倒みてもらってそうな気がする。ファッションが卑怯なくらい可愛い。でもほんとに知性が無さ過ぎてあの顔じゃなかったら殴ってるぞレベルに結構イライラさせられるんだよなー。まああの顔なので観賞用として重宝されてるのはとても良く分る(笑)
エンディングロールのケヴィンというかクリへムがとにかく楽しそうなのが最高!!洋画で最後の最後までエンディングロールに映像がついてるのってあんまり見た事無いなと思った。
スポンサーサイト

カテゴリー:映画
テーマ:映画感想  ジャンル:映画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR