otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

【映画】シン・ゴジラ


2016/07/29 2Dで観賞
監督:樋口真嗣

※ネタバレ無し感想とネタバレあり感想にわけてあります
【前半はネタバレ無し】
ゴジラ映画にも庵野監督にもそれ程思い入れは無いけれどずっと期待していた久々の国産ゴジラ。予告を見た時に感じたのは、このゴジラの大きさともなると怪獣映画というよりディザスター映画だな。だったんだけれどあながちその感想は間違っていなかった。
まず最初の入りからして「おや?この映画は想像していたようなゴジラでは無いぞ?」と驚かされる。演技派、実力派と呼ばれるそうそうたる面々が勢揃いして会議が始まる。政府は原因不明の緊急事態にどう対応してゆくのか会議の中で次々と決められてゆく過程が面白い。
このシン・ゴジラという映画は言ってみれば「会議映画」とも言おうか、それ程に閣僚達、そして実際にゴジラに対応する「巨大不明生物特設災害対策本部(略して巨災対)」の会議と研究対応がゴジラとの直接的な戦いよりもむしろメインになっている。そしてその、早口で捲し立てられる殆ど意味の分からない単語が飛び交う言葉のやり取りこそ最高に面白い。全く退屈させない会議に継ぐ会議のオンパレードが楽しくてにやけてしまう。
だからといってゴジラそのものが掠れてしまうわけではもちろん無い。最初から全体像を表すわけでは無く、徐々に東京湾から上陸してくるゴジラ。我々観客はもちろんゴジラを観に来ているのだからそれが我々の知る、そして予告編やポスターにも描かれているゴジラであると信じて疑わない。来たぞ来たぞ!と期待が最高潮に達した時に見せつけられる、あのゴジラとのファーストコンタクトの衝撃と来たら!
そこで思い知らされる。このゴジラは我々の味方となりうるゴジラでは無いのだと。けっして意思疎通の出来る生き物ではない、バケモノなのだと。あのファーストコンタクトのインパクトだけでも映画館で観る価値があると思った。

エヴァのセルフパロディと思われる要素も盛りだくさんらしいけれどエヴァをあまり知らないので何とも言えないが、演出はどれも痺れる程にかっこよくテンションが上がりっ放し。
そしてとにかくゴジラが恐ろしい。中盤の最も大惨事が起こるシーンなど恐ろしくてたまらなかった。
だがただ恐ろしいだけでなく、「今の日本という国」が、もっと言うなら「今の日本政府が」ゴジラという本来有り得ない、想定外の危機に陥った時どう立ち上がりどう戦うのか、そして何を選ぶのか。様々な人々が連携し、武力だけでなく頭を使って未曾有の事態に対応してゆく。そういった興奮と確かな希望も抱かせる傑作だったと思う。
もちろん納得の行かないところやツッコミどころは盛りだくさんだけれどそれらひっくるめてこまけえことは良いんだよ!と言える程に面白かった。


【ネタバレあり感想】

ここからネタバレありの感想になります。この映画は一切のネタバレ無しで観るのがもっとも面白い映画なので、これから観る予定のある方は引き返していただくのが良いと思います。また、既に色んな方の考察を読んだりした結果それらを参考にしつつの感想ですのでご了承下さい。

まずゴジラのこと。今回のゴジラはまずとんでもなく巨大だ。過去最大級の大きさのゴジラがただのしのしと日本に上陸しのしのしと東京を目指し一目散に突き進んで来る。その理由もわからないまま。
第二形態と呼ばれるとにかく気持ち悪い匍匐前進状態のゴジラから突如二足歩行となり手が生える。ゴジラ第三形態。それを画面越しに目の当たりにした主人公の矢口がつい「すごい……」と言ってしまう。皆が茫然とそれを目撃し、とにかく「すごい」としか言えないあの圧倒的な迫力と進化という生命力を突きつけられ、そんな場合では無いのに武者震いし興奮してしまう。
二度目の上陸の際それを迎え撃つのが自衛隊だが、こういう映画の場合の自衛隊は殆ど役に立たないのが常。今回ももちろん全く歯が立たないわけだけれど、自衛隊の総力戦の様子がとても魅力的に描かれている。
私は別にミリオタなわけでは無いので詳しい銃火器はわからないけれど、多摩川を最終防衛ラインとし陸海空の自衛隊による市街地での総力戦が行われる。それがまた文句無しにかっこいい!!
それにしてもこのゴジラ、自衛隊からの攻撃には一切反撃らしい反撃をしないのよね。まあドシーンとやっただけでかなりの威力があるわけだけど。
そんなゴジラがとうとう自ら攻撃し始めるきっかけが、米空軍の攻撃を受け初めて傷つけられたとき。何故だろう、あんなに禍々しく恐ろしくたまらく恐怖心を煽るにもかかわらずゴジラが出血し咆哮を上げると辛いと感じた。
その負傷を合図としゴジラは火炎を吐き出す。怒濤の勢いで。そしてついに尾びれが紫を帯びた白に光りはじめ、放射熱線を吐き出す。しかも背中の尾びれからもそれこそ放射状に白い光を放ち上空の爆撃機を落としてゆく。一気に火の海となり地獄と化す東京のあの光景。その真ん中には光を吐き出す巨大な生物。このシーンがとにかく恐ろしく、放射熱線キター!!なんて気分には到底なれなかった。もうなぜだか「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」って泣きそうな程怖い。この怖さは圧倒的に強いものを目の当たりにして感じる畏怖の感情。地球上で最も強い生物を目の当たりにして生き物として生理的に感じる「敵わない、怖い」という感情だった。
壊滅状態となり、強い放射能により汚染された東京。まさに地獄。生き残った矢口たちは神頼みして奇跡を祈るわけでも愛する者を守ると熱弁を振るうわけでも無く黙々と自分達の出来る最大限の能力を発揮していくのが熱い。そして強かな政治家の顔をするのもまた良い。そうなんだよ生き残ったからには先があり、さらに先を目指す為には日本という国を失うわけにはいかない。
しかし多国籍軍による核攻撃っていうのは予想はしてたけれどぶっちゃけ核食べて進化したゴジラ(最終的には霞食ってる仙人状態にまで進化してるけど)に核攻撃したら色々吸収されちゃうんじゃないのとかふと思った、けどまあまともに喰らったらそりゃあ生きられないか。
巨災対の安田(演:高橋一生)の「選択肢としてはあるかもしれないけど、選ぶなよ」って言葉が全員の、観ている観客を含めた全員の思いだったなあ。
しかしそこから日本政府が強かに、しかし迅速に動き出すのがアガる。牧元教授(この人が何を「俺は好きにした」なのかって色々な考察が出てるけど、個人的にはゴジラの一部となりゴジラにヒト遺伝子を与えたって説が一番好き)の「俺は好きにした。お前たちも好きにしろ」精神が皆を突き動かしてゆく。全員の目的はただひとつ、「日本に核は落とさせない」熱いなー!!「この国で好きを通すのは難しい」って言われた時に「ひとりでは」って返した矢口とその直後に泉の顔が映り泉が矢口プランを通す為頭を下げる流れが最高に熱かった。
平泉成演じる里見臨時総理がまた良い味出してるんだ。
良い味出してるといえば私は松尾論演じる泉修一が大好きになったよ。作戦の最前線に趣く盟友矢口に「幹事長なら任せろ」って捻りを加えた「生きて帰ってこい」の言葉をかけるあたり最高です。

ゴジラ凍結作戦の通称がヤシオリ作戦であり、この作戦の為のはたらくくるまたちがコードネーム「アメノハバキリ」って呼ばれてるのがすっっっごくオタク的に燃える。つまりゴジラは神話の世界のヤマタノオロチであり、作戦部隊はそれを退治するスサノオであり、凍結剤はヤシオリの酒でありそれを注入する最前線のはたらくくるま達と作業員がヤマタノオロチを葬った「天羽々斬剣」なんだ。アガるわこんなん!
更にアガるのはやっぱりみんな大好き、声に出して読みたい日本語「無人新幹線爆弾」からの「無人在来線爆弾」!!すごい字面!!新幹線と在来線による特攻!!よく考えたなこんな攻撃!!
更には東京で戦うからこその超高層ビル攻撃!!高層ビルを倒してゴジラを下敷きにし転倒させる攻撃!!アメノハバキリ含めヤシオリ作戦の“現代日本の首都でしか出来ない作戦”!!これはもうアガらないわけがない!!
そしてとうとうゴジラを凍結させる事に成功するわけだけど、ここでわーー!!やったぜー!!ヒュー!!ってならないところが良いよなー。ぐっと拳を握り「ありがとう、ご苦労様でした」と声をかけ、皆一様に安堵の溜め息をつくのがすごくリアルだった。

ゴジラ(虚構)と共存してゆく道を選んだ人類、というか日本(現実)
虚構対現実と銘打たれたこの戦いは人類の敗北の一歩手前でギリギリドローに持ち込んだ。
そして最後意味深に画面に映し出されるゴジラの尻尾。そこから今まさに生まれでようとしていたかに見える、人型の何か。
そうだ、ゴジラをヤマタノオロチに見立てたヤマタノオロチ退治だったのだとすれば忘れてはならないのはこれだ。ヤマタノオロチを退治した後尻尾から出て来たのは天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)、又の名を草薙剣(くさなぎのつるぎ)。それは今なお現存する三種の神器のひとつであり、天皇の武力の象徴。
もしかしたらゴジラの尻尾から生まれようとしてたものもまた“武力の象徴”となりうる人型の何かだったのかもしれない。それこそ庵野さんだから、巨神兵か。(この辺は色んな方の考察を読んでハッ!となったあたり)
いつか目覚めたゴジラによりそれらは産み落とされるのか??もしくは既に産み落とされたのか??そしてそれが人型をしているのもやっぱり牧元教授……?とか色んな人と語り合ってああでもないこうでもないと議論を重ね考察を読みあさるのが最高に楽しい映画だった。

しかし誰がどう観ても万人受けする映画では無いと思うので、面白く無いと感じる人が一定数いても全然おかしくない。エンタメではあるけれどなかなかに濃い映画だからその辺はしょうが無いよね。
スポンサーサイト

カテゴリー:映画
テーマ:映画感想  ジャンル:映画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。