otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

SUPERNATURAL 11x20〜21


書き溜めていた感想まとめ。
あらすじはワーナー公式からの引用です。

E20:Don't Call Me Shurley
アマラが小さな町に黒い霧を放ち、そのせいで町に住むすべての人たちが体に異常をきたす。サムとディーンは、その原因が、以前アマラが放ったことのある黒い静脈ウイルスよりも、もっと強力で恐ろしいウイルスなのではないかと気づく。兄弟は、地元の保安官と協力して町を守ろうとするが、昔の治療法は、もはや全く通用しなくなっていた。そんな中、チャック・シューレイが興味深い提案を携えて彼らの前に現れる。


E21:All in the Family
アマラが、どのようにしてルシファーに拷問をかけているかをディーンに知らしめる。そして、カスティエル(ルシファー)の身を心から案じるサムとディーンは、恐ろしい拷問を受けている彼をアマラのもとから救い出すために、ある計画を思いつく。



E20

うっかりネタバレをタンブラーで見てしまってから更新が待ち遠しかった20話。
今回はメインが兄弟というよりまさかのメタトロンと神。とうとうついに漸く登場したSPN世界の神はなんとS5で出て来た初代預言者で尚且つ名著「スーパーナチュラル」の作者(SPN世界での)チャックだった。
元々チャックが実は神だったのでは?というのはファンの間で憶測として流れてはいたけれどまさか本当に神として再登場するとは……SPNの神は一発と言わず二発三発くらい殴りたい気持ちだけどチャックは殴りづらいなあ。
すっかり人間となって落ちぶれていたメタトロンに神は自分の自叙伝を書きたいと、神話の頃と同じように編纂を頼む。神とか何言っちゃってんのって散々脚本の悪口というメタな事するメタトロンww凄い面白かったここww「蟲」そんなに失敗作かww
しかし肝心な事(なぜ生命を作ったのか、何故いなくなっていたのかなど)を書かない神にメタトロンが涙ながらに人間は貴方よりずっと素晴らしいって語るのがすごく、こう、うわーっとなった。思えばメタトロンは人間が造り出した物語を心底愛している人で、人間の可能性というものを良く理解している人なんだよなー。

一方地上の兄弟たちの元へ、1話でも登場したダークネスが発した霧による感染が広がる。霧を吸い込むとあらゆるネガティブな不安要素が湧き出て来て破壊行動に走り最終的に自殺してしまう。出来るだけ多くの人を避難させようとする中サムが霧を吸い込んでしまう。具合悪い弱ってるサム大好物ですありがとうございます。
悶え苦しみながら「ディーンは最終的に僕よりアマラを選ぶ」と、おそらく深層心理にある不安を口走るサムに対してディーンが寄り添いながら「お前を見捨てるわけが無い、絶対に側にいるから」と言うディーン。
ここS9、10と見て来た後にこの言葉は来る……もう修復不可能なのではないかと言うくらいこじれて壊れてしまったかに見えた兄弟の信頼関係だけれどディーンは危機的状況においてやっぱり誰よりもサムを優先しサムに寄り添い助けようとする。ここはS2のクロアトロンウィルスの回で「弟に近づいたら殺す」って言い切ったディーンとか、S8フィナーレのあの大告白回に通ずる感動的なやりとりで……S10でのサムの行動をディーンはやっぱり全部は許せていないだろうし、同時に自分自身も許せていないだろうけどそれでもサムが誰より大切で愛している事は変わらないんだって思ったらもう駄目。
そして畳み掛けるようにサムのブルゾンのポケットに光る物。S5の天国回で絶望しサムを信じる事が出来なくなったディーンがサムの目の前で捨てた筈の、元は幼い頃サムがディーンへクリスマスプレゼントとして贈ったあのアミュレット。神を探す為の手がかりになると言われていたそれが、ディーンがモーテルのゴミ箱へ捨てた筈のそれが、サムのブルゾンのポケットで光ってる。
サムはあの時ゴミ箱から拾ってたんだなあ。そしてずーっと、それこそソウルレスの時もディーンが死んだと思い新たな人生を歩もうかとしていた時も、そしてディーンを信じられなくなった時もずーっと持ってたのか。目の前でゴミ箱に捨てられたそれをいつかディーンに返そうと思っていたのか、それとも返せる筈が無いからと自分が持っている事にしたのか、あらゆる場面でサムはあのアミュレットを眺めて色んな事を思っていたんだろうかと思ったら駄目。もう泣く。
アミュレットの光と共にあっという間に霧が晴れ、苦しんでいた人々は元に戻りなんと死んだ筈の人すら生き返る。そんな奇跡が起こせるのはアミュレットの光が示す者だけ。11年目にしてようやく、神が兄弟の前に現れる。

神の奇跡がもう、まさに奇跡。死んだ筈の人をどんどん生き返らせる。
ついに神まで引っ張り出して来たSPNだけどもうこれ以上の最強なんて出せないでしょ??まさか神が死ぬなんて展開が……SPNなら有り得そうでやばい。
あーーそれにしてもS8フィナーレに負けるとも劣らない傑作回なのでは?!
しかし次の21話があまり評判が良く無さそうでこわい……頼むーあと3話きっちり終わらせてS11最高に面白いシーズンだったと言わせてくれー!


E21

あまり評判が良く無いと聞いていたので若干こわごわだったんだけど個人的には説明不足な点とツッコミどころはたしかにあるけど面白かった!
冒頭のケビンが;;ケビン;;やっと天国へ行けた;;今までありがとうねケビン……ケビンママが心配だけど、あのママならきっと大丈夫だと思う。

神(チャック)に会ってテンション上がって敬語で早口になっちゃうサムがさいっっっっこうに可愛いんですがどうしたら!!敬語かよおお可愛いよおおただのファンみたいになってるよ可愛いよおお!!
「だって神だよ聞きたい事たくさんあるよ!惑星はどうして丸いのかとか……耳の形とか!」
「黙ってろオタク」
なやり取りがあまりに可愛くてもうこのシーンだけで21話大満足ですありがとうございます。普段のジャレさんが凄く早口だからすごくジャレさんみのあるサムだった気がする。

しかしまあ前回からだけどさすがSPNの神は一筋縄じゃいかない。もっと威厳が欲しかったよなーと思いつつ、でも気軽に文句言えちゃう相手としての神って面白い。

新預言者のドナテロさん良いわードナテロって聞いて「ニンジャタートルズの?」って聞いちゃうディーンとそんなディーンを信じられないみたいな顔で振り返るサムww自分だってメタトロンが出て来た時「トランスフォーマーの?」とか言ったじゃないか!兄弟揃って同じようなボケをするけど「それはメガトロンだ」って返してあげたお兄ちゃん優しかったな……

評判が悪かったのはやっぱりサムがルシファーを助けに行くのに躊躇が無いところなんだろうなー。どうやら随分と重要なシーンが時間の都合でカットされてしまったみたいで、その辺ジャレさんもコンで語ってたようなんだけど、もうルシファーはサムを狙わないよって話?なの?
サムにとってルシファー(とピエロ)だけはどうしたって勝てない存在としてずっと恐れて怯えていて欲しいと思いつつS11のサムならついにルシファーという存在を乗り越える展開もありなのかな、とも思った。檻の中で心底怯えながらもあれだけの事をルシファーに言い放ったサムだから。それにサムは最近まるでカウンセラーみたいに、他人のこともディーンの事もサム自身の事もケアしてフォロー出来るようになってきてるから、宿敵を乗り越えて行くとしたらやっぱりこのあたりのタイミングなのかもしれない。寂しいけど。ルシ様はこれからも出続けてくれると思いたいけど。

アマラとひとつになるってことはディーンがダークネスとして神の創造物を破壊する存在になるということ??アマラとひとつになる代わりに神の創造物は見逃して貰おうとするディーンとかありそーーそして再びサムの前から姿を消すディーンとかとてもSPNのフィナーレっぽい……サムはディーンがアマラに惹かれている事は知っていたけどひとつになる諸々は知らなかったんだなあ……それはあれだ、サムがルシファーと一緒に地獄の檻に落ちたサムと同じような展開になりそうな気が……世界を救うためにアマラと一緒に行こうとするディーンとかありそー
もうフィナーレ本国では放送されたから外れてたら恥ずかしいけど。

自分たちを放っておいた言い訳にしか聞こえないって言ったディーンに対して僕は君の父親じゃないって言うチャックとショックを受けるディーン……絶対的な存在である神とジョンパパを重ねるディーン……ここでディーンがジョンパパに抱いていた本音がちらっと垣間見れた気がする。
でも神を出して来てしまったらそれこそ全能なわけだからチート中のチートキャラとして扱いがもの凄く難しいと思うんだけどどうするんだ。神が介入する事としない事をどうやって区別するのとか、それこそディーンじゃないけど「今まで何してんたんだよ!」ってなるよなー。
それに神が自分を犠牲にしてアマラに交渉を持ちかけようとしてるとか、あれいつの間にそんな話に??ってなってしまった。これでもしディーンがアマラとひとつになったら神vsディーンみたいな事になるのでは。ならかないかさすがに。
新預言者ドナテロさんのキャラが結構好きだからこそ、ただ便利に使われてるだけって役割には若干モヤモヤ。神さえ出て来たところで新たな預言者の必要性って一体……アマラ見つける為だけの登場だったりするの……また出て来て欲しいなーというか守らないとヤバいだろ預言者なんだから。
そしてまさかのメタトロンの尊い犠牲……20話でメタトロンが妙に好きになってしまったのでわりとショック。なんだかんだ言っても、ずっと仕えてきて誰より側にいた神の為に犠牲になるメタトロン……彼もここでついに退場って事なのか。でもあっさりすぎて本当に退場なのかという若干の腑に落ちなさも。

神と会った時のルシファー良いなーー悪事がばれて怒られるの覚悟しつつ様子窺ってる放蕩息子的な。どんなに犬猿でも親子って感じ。
22話は親子の仲裁を兄弟がやるの??自分達が仲違いしまくってるのに??と色々つっこみたい!
スポンサーサイト

カテゴリー:SUPERNATURAL 11
テーマ:海外ドラマ(欧米)  ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR