otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

SUPERNATURAL 11x16〜17


書き溜めていた感想まとめ。
あらすじはワーナー公式からの引用です。

E16:Safe House
危険な生き物が、誤ってある古い民家に放たれ、その家に住む母と子供に襲いかかり、二人を昏睡状態に陥れてしまう。サムとディーンは、かつてボビー・シンガーとルーファス・ターナーが、それと同じ生き物を追跡していたことを突き止め、捕まえるために有効な計画を探ろうと、過去について調査し始める。


E17:Red Meat
サムとディーンは、ペアの人狼と戦う。彼らは、二人の人間を捕らえ、えじきにしようとした人狼だ。ウィンチェスター兄弟は実力を出し尽くしてよく戦ったが、兄弟がまさに勝利を収めようとしたその時、サムが人狼の一人に撃たれてしまう。弟と二人の犠牲者を家から連れ出そうとするディーン。だがそこには、人狼が群れを成してディーンたち全員を殺そうと待ち構えているのだった。



E16

16話めちゃくちゃ面白かったー!
ボビーとルーファスが再登場する事は最初からわかっていたけどこういう登場の仕方だとは思わなかったし、死後の世界とかフラッシュバックとかよりずっと面白かったと思う。
ボビーとルーファスというベテランハンター組が過去に追っていた事件と現在兄弟が追っている事件がリンクして時間を超えて一緒に狩りをしている感じ。幾度もベテラン組と兄弟の様子を重ねる演出がまた面白い。
同じ場所に車を停め、同じお隣のおばさんに話しかけられ、同じ家を調査して同じモーテルに泊まり同じように解決していく。ただボビーとルーファスは兄弟では無いからウィンチェスター兄弟とは勿論距離の取り方が全然違う、その相違が面白い。しかもベテラン側は分厚い本と紙の資料を広げチャイニーズで食事をしている頭上からのショットから、ボビーの手帳とタブレット(そう言えば最近サムはラップトップよりタブレット使うね)で調べつつピザで食事してる違いが楽しい。
そして前回奇跡的に勝ったからと言って「俺はもう以前の俺とは違うんだぜ」的な余裕を見せてジャンケンの挑戦を受けながらやっぱり負ける兄貴wwあそこの「どうせ前回のはまぐれだ」と思っているサムの得意顔と「俺はもう負ける気がしない」ってやっぱり余裕顔のディーンの対比に笑ったww
あと怪しい墓2つともちゃんと過去にベテラン組が焼いてて無駄な労働に終わった兄弟が面白いwなにより兄弟は目立たないように頑張って手で墓堀りしてるのにベテラン組は構わずショベルカーで掘り返すのがwwまあ体力も無いですし!

今回の事件がわりと頭こんがらがってたんだけどベテラン組と兄弟の話が過去と現在を行き来して同時進行している演出から考えて、あと色んな方の感想とか考察を拝見してやっとわかった。
つまり過去のボビーとルーファスは資料から魔物がソルイーターであると断定し、「殺せないが封印する事は出来る」ということで二人でソルイーターが巣を張った家に行ってルーファスが赤いペンキか何かを使いソルイーターを“閉じ込める印”を書き始める。
同時に現在の世界ではサムがデータ化された賢人の資料からソルイーターを“殺す印”が存在する事を知り、どちらかが巣の中へ行き現実世界と巣の中両方から印を書かなければいけないことになる。そこで先程のジャンケンがあり、兄貴が巣の中へ行く事に。とはいえどちらを巣に引きずり込むのかはソルイーターさんの都合なのでは?とか細かい事は良いんだよ!結局素直に兄貴が連れて行かれたわけだし!
ボビーが巣に連れて行かれたのは全く意図しなかった事であって、ルーファスはそれまでも散々「ハンターの世界では全員が助かる事なんて無い。犠牲はつきものだ」と言っていた通りボビーの魂が戻るなんて思わずに(そもそもルーファスが書いていたのはソルイーターを“閉じ込める印”なんだから、既に巣に囚われてしまっている人々の魂が戻って来るなんて思っていなかった筈)わかってくれよと魂の抜けたボビーに言いながら印を完成させようと作業に戻る。
一方ボビーはソルイーターの巣の中で魂を弱らせる為兄弟が死んでいる幻覚を見せられる。囚われていた少年と出会い、大昔からたくさんの囚われた魂が時間を超えてその巣の中に存在している事を知る。新入りのボビーにはまだ良く見えない。
そして現在の世界で魂を連れて行かれたディーンは巣の中でサムの死体を見せられるが、覚悟はしていただろうから僅かに動揺を見せるものの冷静でいられる事が出来る。ここが凄くポイントになるところだなー!これまでのディーンならもっと酷く取り乱して、現実世界に戻ってからも引きずりそうなショック映像だったにも関わらず今のディーンはそれを幻覚だと冷静に受け止める事が出来てる。すごい、すごい成長してる気がする!!S11はちゃんとディーンが成長している!!
ディーンもまたボビーと同じように新入りの魂なので周りにいる他の魂は見えないまま、ボビーとは違い自分の仕事をする為壁に印を書き始める。
現実世界で魂を取られて抜け殻になったディーンを自分の側に引き摺って来て「兄貴はここにいてね」的に凭れ掛けさせるサムが可愛い。
現実世界で印を書いているサム、そしてルーファスを邪魔するためソルイーターがそれぞれディーンとボビーの体を使い攻撃してくるけれどここの対処が面白かった。
容赦無くボビーを岩塩ショットガンで撃つルーファスと、兄貴を容赦なく椅子で殴るサムww椅子はまずいのではww
巣の中で既にディーンが書き上げていた“殺す印”、ここで重要なのはソルイーターの巣の中は時間を超越していると言う事。つまり、巣の中ではディーンと同時にボビーも同じ場所に存在してる。だからこそ、巣の中でソルイーターを“殺す印”をディーンが書いた事で現実世界のサムが書いた印と共に過去のルーファスが壁に書いた“閉じ込める印”が同時に発動する事になる。つまりルーファスが“閉じ込める印”だと思って書いていたものは実は兄弟が書いた物と同じ印で、本来ならばルーファスが巣の外側から書いただけでは効果が無かった印。そこをディーンが巣の中からもうひとつ印を書いたという言わば不可抗力によってルーファスの印も発動したわけだ。
印が発動した事でソルイーターが退治され、巣に囚われていた人々の魂が次々と解放されてゆく。そこでディーンはボビーと邂逅を果たす。ソルイーターの巣の中では時間を超越しているわけだからこそ可能だった、ある筈の無い邂逅という演出が泣ける。
魂が戻って来た事をボビーとルーファスは不思議がるけれど(元々彼らは魂は戻せないがソルイーターを閉じ込める事は出来ると考えていたわけだし)ボビーが救われた背景には未来の兄弟の手柄があったわけだ。本来ならばソルイーターに魂を囚われたまま死ぬ筈だったボビーを、未来の兄弟が救った。もの凄くハードなSFの話だな!
最後ボビーのオンボロ車が走り去りカメラがパンすると同じ位置にインパラが停められている演出も良いなー。インパラに兄弟が乗り込んだ際に今期のディーンは素直に巣の中でサムの死体を見た話をする。それに「僕ら最悪だね、弟の死を見ても穏やかでいられる」って言ってたけどサムの死体を見たディーンは酷く傷つき動揺していたよ!でもそこですぐに幻だと切り替えられて引き摺らなかった。そこがこれまでとの違いなのかなー。その辺は次の17話に繋がって行きそう。早く17話見たい。

つまり16話がもの凄く重要な話だと思うのはこれまでの10年間には無かった“未来の行動により過去が変わる”という話だった事。それを考えると例えば意味深なまま終わった神の手を使った結果こつ然と消えた潜水艦もまた時間を超えて未来と過去が繋がる、みたいな展開になってくる可能性が無くも無いとか思えたり。いやそこは考え過ぎかなー。でも今回確実に兄弟は知らずに過去を変えてボビーを救ったわけだから、かなり重要な話だったんじゃ?と思った。
これを踏まえるとこれからの兄弟の行動によっては過去のダークネス解放すらも変えられたりするのでは……凄い事やったなと思いつつも無理矢理な展開では無くベテラン組と兄弟を同時進行して見せながら描いてくれたのでかなり頭が混乱する筈の話を面白く見せてくれたのは凄いなと思った。
それと悪態をつきまくりながらベテランの仕事をこなしていくボビーとルーファスのバディも本当に良かった!ルーファス好きだなーーまた登場させてくれて嬉しい。それに後から知ったんだけど、最後ルーファスがボビーの車の中に置いて行ってくれたメモ付きのお酒ってボビーの死後タイムスリップ回でタイムスリップしたディーンを探す為にサムに呼ばれたジョディさんが、ボビーの荷物の中から発見したあのお酒なのか!あーーS7も今度見返そう。そういう演出にくいなーーーS11面白いぞー!!


E17

おっしゃる通りのロミジュリだった……公式でロミジュリパロをなさっていた……
冒頭からサムが撃たれるというショッキングなスタートだったけれどなんだか面白い話運びだなと思った。そしてこの17話全部通して私がサムの事を好きだ!と思う要素てんこ盛りでとても嬉しい。
ピンクシャツのサム可愛い。誰チョイスなんだろう…自分で選んでても可愛いし兄貴に「髪の長いお嬢さんにはプリンセスピンク」って勝手に決められてても可愛い。しかも似合っているから余計可愛い。似合わなさをプークス笑おうと思ってディーンが買って来たなら似合っちゃってるサムに複雑な心境になっていたら良いのに。
神の手もアマラも情報が掴めないしキャスを救う手だても見つからないから狩りをしようって展開がここ最近ずっと続いていてストーリーの本筋が全然進まないなーという印象はあるけれど、兄弟が普通にハンターとして狩りをしている話が好きなのでむしろ嬉しかったりする。狼人間が出て来るの久しぶりだなーTHENで懐かしのガース(大好きだから再登場して欲しい)やリーパーのテッサ(テッサの退場の仕方は未だに根に持っているよ!)という面々。
狼人間によって腹を撃たれたサムが本当に痛そうで見ていて辛い。サムを置いて行く事なんて絶対に出来ないディーンと、早くここから逃げて傷を負った妻を病院へ連れて行きたい被害者の夫。からのその夫に窒息させられるサムっていう展開はちょっとびっくりした。重傷を負って助かるかわからないから確実に助かる二人を連れて先に逃げろ、ちゃんと後で迎えに来てくれよって言えるサム本当に好き。
口と鼻を塞がれて窒息させられるサムが最高に最高にえろいです本当にありがとうございます素晴らしかったですじたばた喘ぐサム最高ですしかもその後脈を測る為に首や胸を触られるのも最高にえろいです。そして相変わらず死に顔(死んでないけど)が素晴らしく美しいサム……サムの死に顔気絶顔大好き。
サムが死んだと思い悲観に呉れて“一粒の涙”を流すディーンの憂いを帯びた美しさは健在。本当にそういうシーンのディーンは素晴らしく美しいのでサムが死ぬ話が好きです。幸せになって欲しいのにこういう兄弟の美しさがあるからたまらない。
問答無用でディーンを危険人物扱いするレンジャーはどうよと思う……ちょっと話を聞いてやれよ……。
病院でのディーンの行動には賛否が割れるかもしれないけれど個人的には良かった。何が良かったって、自分の身を犠牲にしても弟を助けたいと思うディーンって部分が揺らいでなかった事が嬉しかった。
前回の16話でサムの遺体を見せられたディーンが冷静を取り戻した事を成長した!と喜んだけれどそれとは別としてやっぱりディーンには弟の為に自分の身を投げ打つ事が出来るというある意味危うい思考って根っこの部分にあって欲しい。それがあのS10を経てもサムを救うためだけに自分の命を投げ打とうとする揺るがなさが生きていて嬉しかったんだよなー。もちろん本当に死のうと思ったわけでは無くてちゃんと蘇生を頼んでいたから、ディーンはディーンなりに生死の境を彷徨う事によってリーパーを呼び出し交渉するつもりだったわけだけど一歩間違えれば本当にそのまま死んでしまうところだったわけだし。その点では一番最初にサムを生き返らせる為にクロスロードに立った頃よりは格段に自分の命というものを肯定している気がしないでも無い。リーパーにはサムならダークネスを止められるから、なんて言っていたけれどリーパーのビリーさん(この人好き。死神さんはデス様筆頭にして結構好き)にはお見通しで大義のため何かじゃなく貴方が弟無しでは生きられないからでしょうと確信を突かれるけれど、そんな事はディーンだって身に染みてわかってるんだよね。ていうか初期の初期に自分で言ってるもんね、お前無しじゃ生きられないって。だからこそ、自分の魂を連れて行く代わりにサムを助けてくれと無理だと承知で頼むんだよなーー成長していないのか成長したのか曖昧な部分ではあるけれど個人的には明らかに余命一年の代わりにサムを助けたあの頃とは全然違っている気がした。
そしてビリーさんから念押しされる、もう絶対に生き返らないしウィンチェスターが行くのは天国でも地獄でも無く“無”であるということ。死んだら本当に終わりだと言う事をディーンにも視聴者側にも念押しする。だからこその死亡フラグな気がしないでもないけれど今のディーンは死ぬ気がしないんだよなー。
それにしてもロミジュリ……J2がロミジュリって言っててどういうことだよSPNなら何が起こっても驚かないけど兄弟でロミジュリってって思ってたらこういう事かよ!確かにロミジュリだった。

一方のサムも全然死ぬ気がしない。息を吹き返すシーンの足元からの舐めるようなパン最高でしたありがとうございますご褒美です!一時的に窒息させられ脈拍が落ちていたけれど息を吹き返したサムは腹を撃たれ大量に出血しながらも奮闘し純血種の狼人間二人を倒すタフっぷり。タフっていうか純血種って設定なのに狼人間全く活躍しなかったな……ここは勿体無かった気もする……痛みと貧血でフラッフラになりながらもインパラを運転して病院に駆け付け狼人間に変身してしまった旦那を撃ち殺すサム。重傷を負いながらも3人の狼人間を倒すとかタフどころの話じゃない。
そう考えるとサムの生死っていうのは彼のメンタル面にもの凄く影響されるんだなー。メンタルが弱っていたり不安定なサムだったら恐らく本当に死んでいたのではとか思った。特にS7以降のサムは死にたいわけでは無いけれど死ぬのならそれに身を委ねたいと思っているような、そんなある種の儚さのようなものがあった気がしていて、そんな状態のサムだったら恐らくは……。でも今のサムはとてもメンタルがしっかりしているし兄貴を心から信頼出来ているそのタフさが体力的タフさ、生きる力に繋がっているんだろうなと思わされた。強いサムかっこいい。サムかっこいいよ!!まさしくヒーローだよ!!
それにしてもサムの死に顔アップとかロードハウスで女主人に色目使うサムとか(手が!)苦しみながらインパラにもたれ掛かるシーンの脚の長さとか、病院で崩れ落ちる時の脚の長さとかとにかくサムのビジュアルを愛でる事に心血を注いでる感がはんぱない回でした本当にありがとうございますご褒美ですありがとうございます!!監督さんの趣味だろうか……語り明かしたいよサムのビジュアルを愛でる会とかやりたい。それにしても脚なっがい。

最後夫を喪って元の生活には戻れないと語る奥さんに憂い顔のディーン。ディーンも漸くもう絶対にサムを喪うわけにはいかないと言う事に気付いたわけだなあ。これまではやり方はけして正しく無くても生き返らせる術があって、実際生き返ってきたけれどビリーに断言された事で死んだらもう二度と生き返らない、死んだら戻る事なんて出来ないという現実をつきつけられたわけだ。
それにしてもサムは入院もしなくて大丈夫なのどんだけタフなんだよ!かっこいいぞ!かっこいいで済ませて良いのかわからないけどw
ディーンは自分も生死の境を彷徨ってリーパーに交渉した事は言わなかったけれど、S11のサムなら察していそうな気もする……S11のサムのスペック全部MAXになってる気がする……それにしても二週連続で弟の死を目の当たりにさせられたディーンきついなあ。勿論サムだけど、ディーンを労ってやりたい。
スポンサーサイト

カテゴリー:SUPERNATURAL 11
テーマ:海外ドラマ(欧米)  ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR