otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

SUPERNATURAL 11x12〜13


書き溜めていた感想まとめ。
あらすじはワーナー公式からの引用です。

E12:Don't You Forget About Me
サムとディーンに、気が動転してパニック状態のクレアから電話が掛かってくる。二人は、保安官のジョディ・ミルズが、クレアやアレックスと一緒に住んでいる家を訪れる。クレアは、最近この町で起きている殺人事件にはスーパーナチュラルな存在が関与しているから、彼らの協力が必要なのだと言う。だがやがて、普通の人たちを“モンスター”と呼んで攻撃し、問題を起こしているのはクレア自身だということが明らかになる。


E13:Love Hurts
サムとディーンは、バレンタインデーに起きた一連の殺人事件について調査を開始する。調査を進めるうちに、二人は、自分たちが扱っているのは古代からの“呪い”であることを発見する。一度呪いを掛けられると、その人物は“死”を宣告されたも同然だった…。だが、次の犠牲者が出る前に“呪い”を阻止しようと懸命な彼らは、血も涙もない冷酷な現状を目の当たりにして心を突き刺される。



E12

冒頭バンカーでやる事無くて動物動画見ちゃってるサムが可愛い。そんなサムに自慢げに買って来たバーガー「エルビス」をお披露目するディーン。すっごいボリュームで見るだけで胃がもたれそう……眉間に皺を寄せながら「カロリー高そう」とか言うサム女子かよ。

キャスの器であるジミーの娘、クレアはS10でジョディ・ミルズ保安官の元に預けられている。ジョディさんのところには既に狼人間に利用され被害者であると同時に加害者でもあった少女アレックスが預けられているので大きい娘ふたりの母親になったジョディさんは大変だ……ただでさえ保安官として毎日大変だというのに。お母さん頑張って……!
一緒に食卓を囲むシーンがとにかく可愛いwwサムって食べ方下手だよね可愛い……手料理に飢えている兄弟。ナゲットやパテじゃなくてチキンがチキンの形してる!って喜ぶサム可愛すぎて本当にもうご飯作ってあげようか?!お兄ちゃんたまには自炊してあげてください。個人的にサムは料理が下手なイメージ。

今回の狩り自体はスッキリしない終わり方。これは……加害者もむしろ被害者なのでなあ……アレックスが背負っているものがあまりに大きく深くて悲しい。彼女が平穏に生きられる日は来るのか。
そしてジョディママはやっぱり強い。でもいつも無傷とはいかないので痛々しい……生きている人でここまで登場回数の多いキャラも珍しい!って思っているのでほんと、ほんっとにジョディさんはずっと無事でいてください。兄弟のママとしても凄く支えになっていると思うんだ。

最後タッパーにご飯沢山貰って帰る兄弟が可愛い!!ソースに拘るサム可愛い。そうだよね食事に興味が無いわけじゃないんだよね美味しいもの食べたいって気持ちはあるんだよね可愛い。私もタッパーに煮物とかお新香とか入れて差し入れしてついでにお小遣いをあげたい。


E13

毎度おなじみ(?)バレンタイン回。
バンカーのキッチンで朝帰りディーンの首にキスマーク見つけて凄く嫌そうに指摘するサム可愛い。最近漸くノベライズを読んでいるので、ディーンが女の子といちゃつくのが嫌いなサムが凄く好き。腐とかって意味では無く、自分の兄貴が見ず知らずの女の子といちゃいちゃして尚且つ朝帰りしてる気まずさみたいな……いくつだよ!相変わらず全然女の子と遊ぶ事に興味が無いガードの固い弟。
後半で朝帰りせずに帰って来たディーンを鼻で笑って出迎えるのも好き。

防犯カメラ映像で「目が光った!シェイプシフターだ!」なんだろう、懐かしさを感じる。S11はなんだか初期の頃のSPNに戻ったような狩りが多くて個人的には嬉しい。
しかもシェイプシフターならば弱点はシルバー。さり気なくシルバーのペンを手渡して連絡先を書かせるディーンとか、そういう細かい所はファンとしてはとても楽しい。いちいち説明しなくてもここまで見て来ているSPNファンならばわかるはず、という小ネタ。あと奥さんが隠し持っていた箱の中身もファンならば「魔女か!」ってなる。楽しい。
しかし結局はシェイプシフターでは無かったわけだけど、相変わらず兄弟と魔女は相性が悪いしぶっちゃけ悪魔とか天使とかよりずっと厄介に思えるよ魔女。
それにしても今回兄弟が泊まってるモーテルの内装可愛い…タイヤが飾ってある??そして広い…どう見てもラブホテル。しかも最終的に窓割っちゃって部屋めちゃくちゃにしちゃってチップ増額する羽目になるし。

その人が一番求める人に殺される呪い。咄嗟に奥さんにキスして呪いを自分に移すディーンは凄く男前でかっこ良かった。
魔女を倒す為にサロンに潜入する兄弟。そしてここがぶっちゃけ13話で最も見所なシーン!兄弟のジャンケン!11年間負け続けのディーンがついにサムにジャンケンで勝利する!!ディーンがいつも最初はチョキを出すからサムがグーを出して負けていたのに!サムもびっくりだけどディーン自身のほうがよっぽど驚いててすっごい嬉しそうなのが最高。ついに!11年目にして!初勝利!おめでとう!!!拳を突き上げる兄貴勝利のポーズwww

ディーンのもとにやって来たのはやっぱりアマラ。ですよねー。そして相変わらず捕まり慣れしているサム。ですよねー。
ディーンが自分のところに来たのはアマラだったと恥じるように告白すると、サムはそれをちゃんと理解してた。あーそうね、そう、サムって実はとても兄貴の事わかってるんだよね。わかっていても自分を通してしまうのがサムだけれど、ちゃんと兄貴の性格や考え方をわかってるんだよなあ。自分に呪いを掛けた時も、どうして全部1人で背負おうとするんだ!って怒ってたし。あーS11の兄弟良いなあやっぱり好きだなあ。
神の姉妹であるダークネス、アマラに人間であるディーンが抗えない事はけして恥じる事では無いしディーンが弱いわけじゃないって諭すサムすごく、良い。そしてサムは魔女の呪いを実行してしまった奥さんに対しても「貴女は悪く無い」って言ってて、そのどちらももしかしたらサムがずっとかけて欲しかった言葉なんじゃないかって思う。ルシファーを解放してしまった事やこれまでの事、サムはずっと誰かに、主にディーンに嘘でも良いからお前は悪く無いよって言って欲しくてでも言ってもらえなかったサムだからこそ一番欲しい言葉を選ぶ事が出来てるのかなって考えたらサムすごいなーってなる。カウンセラーみたいだ。
自分がアマラの前になると平静ではいられなくなることを素直に弟に吐露するのはディーンの性格的に勇気のいることだっただろうなあ。いざという時自分ではきっとアマラを倒せないから、その時はお前が……と託すディーンとそれを了承する弟。素直に話してるの良いぞ!とりあえず今のところ今シーズンは兄弟間のわだかまりは無さそうなの良いぞ!このまま行ってくれ頼む!でもルシファーの時同様サムはとても重大な責任を担う事になったわけだ。

それにしても最近のFBI兄弟は時期的にコートで最高にかっこいい。長身のいい男2人がロングコート…もっと長くても好き。最高です。でも最高だからこそ相変わらず全然FBIには見えないね!こんなFBIに尋ねてこられたら、私だったら「今からでも間に合うから俳優かモデルになりなさい」って説得したい。
スポンサーサイト

カテゴリー:SUPERNATURAL 11
テーマ:海外ドラマ(欧米)  ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR