otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

SUPERNATURAL 11x08〜09


書き溜めていた感想をまとめて上げています。
あらすじはワーナー公式からの引用。
長くなって来たので2話ずつ。

E08:Just My Imagination
サムは、小さい頃しばしば“会って”いた想像上の友達サリーが突然目の前に現れ、ショックを受ける。サムには、自分がなぜサリーを見ているのかがわからない。だがそれ以上に驚くのは、ディーンにもサリーが見えているということだ。子供時代のサムとサリーの友情、そして、サムがサリーを必要としていた理由がフラッシュバックで明らかになる。


E09:O Brother Where Are Thou?
アマラが自分自身の力を解き放ち、世界に向けて衝撃的な挑戦を仕掛けようとしている。それはまた、街の人々に対する彼女の影響力を増大させることを意味していた。一方ディーンは、アマラが自分に対してどのような影響力を持っているのか、もっとよく知ろうと探り始める。そんな中、サムとクラウリーは、ある問題を解決するための計画を思いつく。だが、その計画には、悲惨な結果をもたらす可能性が秘められていた。



E08
寝起きサムが可愛過ぎるのでさっそくどうしたら良いかわからなくなる。アラーム止めてのそのそ起きてきて寝ぼけながらキッチンへ向かってコーヒーをセットするまでが毎朝の習慣なのねありがとうございます。欠伸しながらぼーっと廊下歩いて背後の存在に気付かないサムの警戒心の薄さよ……バンカーなら安心と思っているのかも知れない。
背後から脅かされて咄嗟に手が出るの良いねハンターだね!頭ぼさぼさありがとうございます。
兄貴は頑にガウンなのねめっちゃはだけて下着となま脚丸見えですねなんだそのセクシー寝間着。そしてサムの奇行に何だかもう慣れてしまっているのか「今度は何だよ」なのかww
ディーンに自分のイマジナリーフレンドの事話した事があるのかーそういうのって兄弟間で話したりするもんなのかね。それにしてもサムは子供の頃一番欲しかったものはマシュマロナチョスなの……ふわふわマシュマロ好きなの……マシュマロと甘いラテが好きなの……ウィンチェスター兄弟は二人共甘党なのに酒飲みだなーチョコを肴に飲むタイプだろうか。むしろ肴いらないタイプか。

モーテルでたった一人留守番をして寂しかったサムにとって確かに大切な友達だったイマジナリーフレンドのサリー。回想としてまた新たなリトルサミーちゃんが!可愛いなー可愛いなー。
僕だってもう9歳だよ!狩りの手伝いが出来るよ!と主張するけど聞き入れて貰えずしょんぼりするサムに「ディーンはばい菌だ」と言うサリー。連想ゲームをしながら「ここから逃げ出したいと思う事がある」と本音を漏らすサム。そんなサムに「君は君の人生を選べる」と逃げ出す事を提案するサリー。幼い頃のサムがどうしてそんなに普通の生活を望んでいたかって、独り取り残される寂しさに耐えられなかったからなのかもしれないなー。

子供たちのイマジナリーフレンド達にあからさまに態度が雑なディーン。ディーンにはイマジナリーフレンドがいなかったんだろうなーと伺わせるけれどそれはきっとサムとは逆にディーンには1人の時間が無かったからなんだろうなー。常に親父かサムが一緒で、常に家族の関わりを最優先してきたディーンにはイマジナリーフレンドであっても友達をつくる余裕が無く本当に幼い頃から自立を余儀なくされていたんだろうと考えると悲しい。
でも扱いが雑すぎてちょっとなあ……子供達の友達だったのに。

サムとサリーの最悪な別れ。サムは深くサリーを傷つけたけれどサムはサムなりにきっと早く大人にならなければ、早く親父と兄貴に置いて行かれないような大人にならなければと必死だったのかもしれない。だから自ら子供時代の象徴であるサリーとの決別を選んだ。あの辺は映画「インサイド・ヘッド」を思い出して私の涙腺がやばい。サリーとの最悪の別れはつまりサムが無理して子供らしさと決別した瞬間なのではないかなー。

サリーはずっとサムを見守っててくれたのが嬉しくて;;君は凄い奴だよ!だって世界を救ったヒーローじゃないか!って言ってくれるのサリーだけだよ本当に嬉しい。ありがとうサリー、サムの味方でいてくれてありがとうって泣きそうになった。
そんなサリーにだけは本音を言えるサム。神が僕にルシファーのいる檻に戻れと言う。でも僕はそんなこと出来そうに無いって涙目なのが辛い。そんなサムに「今でも逃げ出したいと思う?」と尋ねるサリー。「以前まではそう思っていたけど、今は思わない」と返したサムは何かを決意したんだろうけどそもそも本当にそれが神の啓示なのかもわからないから早まらないで…!でも、そうか、サムはもう逃げないと誓ったんだ…そうか…。

ディーンに対して「サムの側にいてやってくれてありがとう」と言うサリー。それはディーンがサリーに言う言葉ではないのかなあと思ったんだけどどうなんだろう。
「ヒーローは完璧じゃない」と言うサムにとっての、その完璧じゃないヒーローってやっぱりディーンの事なんだろうね。完璧じゃないけど、それでもサムにとってはディーンがヒーローっていうことは揺るがない。

今回の犯人はどうなんだあれは許されて良いのか…寂しかったという理由で子供たちの友達を殺しておいてなーそれで許されるのはどうなんだろう大切な友達の惨殺死体見せられた子がかわいそうで。

サムを肯定してくれるサリーの存在が本当に嬉しかった。寂しい時に側にいてくれたサリー、きっとこれからも姿は現さなくてもサムを見守っていてくれるはず。そしてもう逃げないと決めたサムの決意。その決意が怖いし09のプロモがやばいし私は今すぐにでも09が見たい!!


E09
プロモの時点で誰が出て来るのかわかっていたけどついに復活おめでとうございますルシファーさん!!サムが神の啓示だと思っているビジョンの中に登場し、同じ檻の中でサムの顔に触れるルシファーさん。そしてそれを律儀に「ルシファーが僕に触れたんだ」ってディーンに報告するサム。言い方がもっと他に無いのかサミーちゃん……ルシファーが僕にタッチした……そりゃあ兄貴も弟がルシファーにどこ触られたの?!ありえない!ってなるじゃないですか案の定なったじゃないですか。触られるなんてもってのほか!って言われたじゃん。何だあの会話……。

他に方法が見つからないと言う事で渋々クラウリーに頼み地獄のルシファーさんと面談する事に。サムの安全が第一だ!と譲らないディーンと過保護過ぎると渋面のクラウリー。ディーンがサムに対して過保護だと嬉しい。やっぱりS10のアレはカインの印のせいだったんだきっとそうだ。

一方アマラさんは神と会話がしたくてキリスト教信者や教会で大暴れなさっている。そしてまた更に成長してディーンのビジョンの中に出て来た姿に。少なくとも今はこの姿って、それ以上成長したらどんどんおばあちゃんになってしまうのでここで外見年齢はストップなんだろうなーきっと。

しきりにディーンに「あなたと私はひとつになる」ってお誘いしてくるアマラだけどディーンとひとつになる事によって完全体になるのかな。それってつまり、ディーンをダークネスの器にするつもり?うーんでも器とかいらなそうだけど。ひとつになれば何が起こるのか。今でさえチートなのに。

チートと言えば元祖チートキャラだった天使達はすっかり雑魚やられキャラ化している……それだけダークネスが強いってことなんだろうけど正直一切勝てる気がしない。

そしてとうとう空から一筋の光。やっと神が現れた?今まで何してたの?今更顔出してどういうつもりなの?ちょっと体育館裏に呼び出したい気持ち。

一方サムはディーンが自分で地獄には一緒に行くから必ず連絡しろと言ったにも関わらずサムの電話を無視するものだから結局一人(というかクラウリー親子と共に)地獄へ行きルシファーと会う事に。ロウィーナの魔術によって呼び出されたルシファーさんが炎越しに暗い檻の中目が光ってるのが最高に!最高にかっこいい!格の違いって奴を見せつけて来るやっぱりそうでないと。そしてそんなルシファーさんに完全に怯えてるサムがとても良い。

自分ならダークネスを封印出来るからその為には檻から出なければならない。適合する最適な器で。つまり再びサムを器として差し出すように要求するルシファーにサムは有り得ないと否定するが、ロウィーナの術が解けあっという間に檻の中に引き込まれるサム。この時のルシファーの手招きがたまりません。

神からの啓示と同じ状況になったからきっと上手くいく筈だと言うサムに対してルシファーがとうとうサムに語りかけていたのは神では無くて私だったんだよ。お前の側に神なんかいなくて常に私がいるんだよと勝ち誇ったように囁く。神からの啓示と思い二度と入りたく無いルシファーの檻にまで再び入ったサムは一瞬で絶望に突き落とされ目から涙が……この涙がまた最高に美しくてもうそうやって絶望にたたき落とされるサムっていう構図が大好きなので本当にルシファーさんには菓子折りを持って挨拶に伺いたい。

幸せになって欲しいのに絶望のどん底でボロボロになりながらも必死でもがくサムが好きという矛盾した性癖を持っているのでこの展開は個人的には非常にたまりません。よっ!待ってました!S11に入ってから毎話驚く程面白くてどうしたの??というかここで暫く待たされるのはとても焦れったい!

最後ルシファーさんが「ベッドは上が良いか下が良いか」って聞いていたのはとてもセクシャルな意味合いに聞こえましたがぶっちゃけそういう意味なんだと解釈しておきます。これまでもルシファーさんの台詞にはそういった意味の暗喩がいっぱいだったからね!これからほんとにどうなるんだろう素直に続きが楽しみ。
スポンサーサイト

カテゴリー:SUPERNATURAL 11
テーマ:海外ドラマ(欧米)  ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR