otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

【映画】バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生


2016/03/25 2D字幕で観賞
監督:ザック・スナイダー

公開日に2D字幕で観賞。
今回の映画は完全にスーパーマン前作「マン・オブ・スティール」の続編となるので、MoSを観ていないと話がわからないと思う。それはもう完全にMoSから引き続きな為スーパーマン側の説明がほぼ無いのでMoSを視聴してから観に行く事が必須条件となっている。
前作同様スーパーマン/クラーク・ケントを演じるのはヘンリー・カヴィル。MoSの時より更にパンプアップされた肉体美が素晴らしい。あれでマッスルスーツじゃなくて自前の身体ってのが凄い。
一方今作から新バットマン/ブルース・ウェインを演じるのはベン・アフレック。彼もまた元々大柄な人だけれど更にパンプアップしていてまさに鋼の肉体となっている。個人的には白髪混じりのグレーの髪で高級スーツってブルースの出で立ちがかっこいいなーと思った。
1人で地球を滅ぼせる程の強大な力を持つクリプトン星人カル=エルことスーパーマンが突如空から舞い降り大規模な戦いを繰り広げた前作、その強過ぎる力同士のぶつかり合いが故に地上は甚大な被害を受け大勢の死傷者が出た事でスーパーマンを人類を救った救世主と見るか、それとも彼こそが人類を危機に陥れた大罪人と見るのかで世論が割れる。
自身の会社が甚大な被害を受け、家族同然であった従業員達を亡くしたブルースはスーパーマンこそ悪として神の如き力の持ち主に戦いを挑む事を決意する。
一方のクラークは非難の声に自分は善である筈だと悩み苦しみ続けている。

今作は副題に「ジャスティスの誕生」とある通り、この先DCコミックス映画史の長大なビッグ企画、ジャスティスリーグに繋がる序章的な話。そこに繋げる為に二大巨頭であるバットマンとスーパーマンが激突する。
今作が賛否分かれている事の要因のひとつにはバットマンの描かれ方もあるのかなーと思った。執事のアルフレッド(ジェレミー・アイアンズが最高に渋かっこいい!)が言うように今回のブルースは完全にヒーローとしての一線を越えてしまっている。そんな彼がクラークと出会い再びヒーローとして返り咲くか否かという部分も見所のひとつなのでは無いかと思った。
また今作でのヴィラン、スーパーマンではおなじみのスーパーヴィランのひとりレックス・ルーサーを演じるジェシー・アイゼンバーグがとにかく素晴らしい!今時の若者でありつつ天才的頭脳で悪事を遂行してゆく狂気が本当に素晴らしかった。早口で捲し立てる神経質そうな狂人、陰惨な過去が垣間見えるあたりも上手いなーと唸ってしまう。
そして私が一番アガったのは何と言ってもワンダー・ウーマン!所謂チートレベルな強さを持つスーパーマンと並ぶ程の最強ヒロインである彼女が最高にかっこいい!登場時の音楽と相まって一気にテンションがあがる気持ち良さときたら!演じるガル・ガドットの美貌と意志の強さ、最強っぷりは必見。
彼女の他にも今後ジャスティスリーグへと繋がるであろう様々なヒーロー達がチラリと暗示されるのもこれからのDCエクステンディッド・ユニバースの期待値が上がって来ると言うもの。

ザック・スナイダー監督作品は前作のマン・オブ・スティールと300、ウォッチメンしか見た事が無いけれど今作もスナイダー節が炸裂。画面の絵画的美しさ重視の絵作りが素晴らしいもののわりと細かい設定はつっこみどころが満載なので好きな人は大好きだけれど苦手な人もいるかと思う。特にスーパーマンの登場しているシーンはどこを切り取っても宗教画のよう。のよう、というより確実に宗教画を意識した絵作りになっているのでよりスーパーマンという神の如き力を持つ存在への人々の意識が現れているのだと思った。
チートレベルばかりの中唯一の人間であるバットマンの立ち回りは滑稽さもありつつ(あのずんぐりなアーマーは嫌いじゃない)決める所はちゃんと決めてくれるので存分に楽しめた。
そして何より来年公開のワンダー・ウーマンが今から最高に楽しみになった!
スポンサーサイト

カテゴリー:映画
テーマ:映画感想  ジャンル:映画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。