otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

【映画】信長協奏曲


2016/01/23 映画館で観賞
監督:松山博昭
思いもかけず今年の映画館初めだった。
原作は未読。TVドラマは毎週見ていたので基本ドラマ版の知識しか無い状態。
ストーリー的にはTVドラマ版のその後、現代からタイムスリップした高校生サブローが織田信長と入れ替わったままついに本能寺の変を迎える。
善くも悪くも現代的感性しか持ち合わせていない日本史オンチのサブローは織田信長が本能寺の変で明智光秀の謀反により死ぬ事も知らない。しかし現代から持ち込んでいた日本史の教科書により近い将来織田信長が死ぬと言う事だけはわかっている。
ドラマでもそうだけれど、面白いのは歴史的に見るとサブローが信長と交代しようとも表面上は何も日本史が変わっていないところ。表面上は変わっていないのに、中身はまるで印象が変わっているのが面白い。サブローが信長になったことで織田の家臣達は信長(サブロー)を心底慕うようになり団結していく。
本物の信長は顔を隠し明智光秀と名乗って信長(サブロー)を支えようとする構図が面白い。そこからの本能寺の変、そしてその後の展開が設定を上手く使ってるなーと思った。そうか、だからそういう設定なのか!という上手さ。

ラストは物悲しさもありつつ良い閉め方だったんじゃないかなと思った。原作好きの方はきっと言いたい事がたくさんあるとは思いつつ、原作未読のドラマからのファン的には満足の面白さだった。
スポンサーサイト

カテゴリー:映画
テーマ:映画感想  ジャンル:映画

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。