otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

【海外ドラマ】Person of Interest S4E3


Person of Interest S4E3
「援助 / Wingman」




あらすじ
今回の対象者はプロの「恋の助っ人」クーパー。依頼人に扮してファスコが接触し調査していく中、リースは刑事の仕事として別の事件を追う。一方フィンチはルートに連れられ「あての無いおつかい」に駆り出され…




冒頭からさっそく悪人専用膝撃ち職人の職人芸を見せつけるリース君もといNY市警殺人課のライリー刑事だけれど、相棒のファスコからも新しく赴任した美人警部モレノからもスタンドプレーを咎められる。
「貴方がここに赴任してきてから膝を撃ったのは三人?」
「……四人だ」
からの射撃の腕は良いわねと皮肉混じりに言われた時のリース君の微妙すぎる愛想笑いが面白すぎた。リース君そこ笑うところと違う!空気読んで!
ファスコの、俺達警官はスーパーヒーローの偽装じゃないんだ、生活がかかってるんだからちゃんと仕事をしろって言う真っ当な意見のリアリティ。書類仕事ばっかりって嫌がるリース君だけれどそれも刑事さんの大事な仕事なんだもんなー。警察内ではファスコの方がずっと先輩で、警察内部で上手く立ち回る方法を心得てる。ちゃんと規則を守って仕事しろって言われて、あんたが言うかよって皮肉で返していたリース君だけどファスコにはファスコの守るべき生活があるわけで、少しずつそうやって仮の身分ではあるけれど刑事という仕事に馴染んで行こうとする姿は何と言うか、社会復帰?みたいなイメージ。
マシンは彼らを理由があって今の仮の身分にしているらしいけど、刑事と教授と化粧品販売員が何処かで繋がる時が来るのかな。マシンは意味の無い事はしないとは思うけれど、そこが繋がる瞬間が今から楽しみだったりする。

一方新たな基地となった廃車両ではショウさんによるベアーを使ったネズミとり。可愛い。元軍用犬にネズミを獲らせようとするショウさんも可愛いし必死に鼻先突っ込むベアーちゃんも可愛い。ほんとショウさんベアーちゃんの事大好きだなー。
フィンチさんは資金難にもめげず何か作ってるみたいだったけど何してたんだろう。あれかな、パソコンショップでジャンク品買って来て自分で作ってたりするのかな。
「上司の目を誤摩化すのも仕事のうち」って言っちゃうフィンチさん厳しい。リース君かなり苦労している。
番号の対象者がプロのナンパ師ということで俺は行きたく無いと言うリース君に代わってファスコが依頼人としてクーパーに近づく事に。見張ってるショウさんがとても楽しそう。いちいちクーパーの助言に相槌入れるのが面白い。
ファッションから何からダメ出しされてムッとしつつもスーツとか買い込んだファスコそれ一体総額いくらかかったの……フィンチさん今お金無いからそれたぶん全額自分持ちだよ……。

一方フィンチさんはルートに連れられおつかいへ。これがまた面白かった。
いつの間にかマシンに闇社会の伝説の男エグレという設定に仕立て上げられてたフィンチさんのボスのボスっぷりが痺れる!ポーカーフェイスで冷たく「聞くな、不愉快だ」「私の感情は二つしか無い。冷静と激怒。後者を知っている者に生きている者は少ない」……あーたまりません!ボス!ルートの「貴方の新たな一面を見られて嬉しいわ」本当にね!リース君に見せたかったね!
でもこのエグレさん、いつものフィンチさんより声が硬質で低くて冷たさがあるんだけど、目がね、目がどうしたってフィンチさんなのが!様々な人間を演じてきたフィンチさんだけれど、銃器に怯えているんだよなあ。本来とても優しい人が悪人を演じている感が出てるのがほんと凄い。いや今更エマーソン氏の演技力が凄いとか言うのは失礼かと思いつつ、凄い。何より最終的にギャングに武器を提供するわけにはいかない、その一線は越えられない!と拒むのがほんと、フィンチさんだなーーー!好き!フィンチさんのそういう、非情に徹しようとしながらもどこまでも優しい人っていうところが本当に好き!

今回の番号の対象者関連の話があんまり頭に入って来ないのは大体エグレさんのせいだと思いつつ、でも今回の話って主軸はファスコという人の魅力と、フィンチさんの資金調達だったと思うのでそれはそれで良いのかなとも思ったり。イマイチ埠頭での積荷の横流しからの殺人とかスルーしちゃったんだけど。
でもだんだんクーパーとファスコに友情が芽生えてくる感じは良いなあ。ファスコの飾らなさと、何より「過去からは逃げられない」。それをファスコが言うからこその味。そうだねファスコはS3の時「過去が追いかけて来た」って言っていたものね。それを乗り越えての今のファスコは本当に良い奴になったなー。
今のファスコがあるのは、S3で彼自身も言っていたけれどカーターさんのおかげで、そのカーターさんから継いだ刑事魂というか、正義というか、警察官としてのあり方みたいなものをファスコ自身の立ち回り方も加えて今度はリース君に伝えていってる、引き継がれてゆくカーターさんの想いみたいなものを感じた。そしてファスコは一緒に捕らえられたクーパーに、「俺は憂慮する第三者だ」と名乗る。それはファスコがリース君に出会った頃に、リース君が名乗っていた言葉。それをファスコが継いでいる。S1からの短く無い、波乱に満ちた時間があってこその今のファスコ、そして今のリース君っていう描き方がS1からずっと見ている側としては感慨深いものがある。
最初はものっすごく上から目線で、ファスコを道具として使っていたリース君も、そんなリース君に怯えつつ憤っていたファスコも大切な戦友の死を乗り越え、あの雨の中での殴り合いも経て立派に相棒になってるんだよなー。リース君にとってファスコはもう、替えの効く道具では無く真の相棒になっているこの男の友情というか、戦友同士の絆みたいなのがたまらない。

無事対象者も救い、殺人犯も逮捕したリース君とファスコにモレノ警部も機嫌が良い。情報聞き出す為にリース君が買ってプレゼントした偽物ブランドバッグ、今後も使ってて欲しいなーあと禁煙頑張ってください。カーターさんとはまた違った、サバサバしたやり手警部って感じで今後モレノ警部がどんなポジションになっていくのか楽しみ。今の状況ではリース君もフィンチさんも新たな仲間を増やしたりはしないだろうけれど、今後何かあったとき心強い味方になってくれそうな気がする。

今回終始機嫌が良かったショウさん。体の小さい彼女と大型犬のベアーの組み合わせはやっぱりいつ見ても可愛い。S4に入ってからベアーちゃんの活躍が多いのも嬉しいなあ。一緒にお仕事出来て嬉しそうなベアーちゃん。
ギャングを壊滅させたルートとエグレさんことフィンチさんは、ギャングの置き土産である大量の武器と大量の金を手に入れる。フィンチさん曰く、マシンからの資金の援助。
必ず三人の役に立つから許してお願いパパ!もう酷いこと言わないからまた仲良くしようよパパ!って言ってるようなマシンが健気で可愛いとか思っちゃうあたり、マシンを擬人化してるルートの影響を受けているなーでもマシン可愛いよね。
再びお金持ちになったフィンチさん(そもそもお金が無くなったわけでは無くてフィンチさんの恐らく沢山ある口座のどれかのお金を動かしたらサマリタンに見つかるから動かせないだけ)はまた高級お洒落スリーピーススーツに戻ってくれないかなあ。お洒落なフィンチさんが大好きなので寂しい。ああでも一介の准教授がそんな高級スーツ着てたら怪しいか。いやしかしファッション道楽もまたフィンチさんをフィンチさんたらしめている要素なわけで…!

ファスコはクーパーのお陰で新たなガールフレンドをゲットしたみたいで良かった良かった。クーパーとも友情が芽生えたみたいだし。時折「彼女とは上手くいってるのか?」とか連絡しあえば良いよ。

次週いよいよイライアスさんが本格的に復活してくる予感???今回E1でも名前が出てきててイライアスさんも危険視していたドミニクってマフィアの名前も出て来てたし、S4の前半はマフィア同士の抗争がメインになってくるのかな。S3があまりに壮大な話だったからなんとも規模がちっちゃくなり過ぎな気もするけれど、まだサマリタン側から積極的なアプローチが無いのが怖いところ。
スポンサーサイト

カテゴリー:海外ドラマ
テーマ:海外ドラマ(欧米)  ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。