otomo

俳優矢崎広くんと若手俳優さん中心の舞台観劇&映画ドラマ感想ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

ジャンヌ・ダルク


赤坂ACTシアター

10/18マチネを観てきました。
ACTシアターは確か一昨年のミュージカル「サンセット大通り」以来。

今回はA席の二階席中央辺り。客席通路等は見えないかなという覚悟はしていたものの、ジャンヌ・ダルクはステージを前方に拡張しせり出してあるつくりになっている為、そのせり出した分が全く見えない。うーんこの前方でメインのやり取りがある場合が多くて声しか聞こえないんだけど、再演なのに客席からの見え方とか考慮してくれてないのかなあ。S席前方で近すぎても見づらいし、人数多いから人の影になってメインの役者がサイドの席からは見づらいし、結局1階後方列中央付近と2階前方の席以外はだいたい見づらい、みたいなとても見る席を選ぶ演出過ぎてとてもストレスだった。

ストーリー的にはジャンヌ・ダルクがフランスの為神の神託の元立ち上がり、フランス国王シャルル7世を正式に即位させ魔女として処刑されるまで。フランス政府側もジャンヌが魔女として処刑される事を望んでいた、という辺りは話としては面白かったんだけど、主演のジャンヌがなあ……今回が初舞台ということを差し引いてもちょっと……と思ってしまった。
舞台の演技って部分を意識し過ぎているのか、声は張っていたんだけれど滑舌の不安定さ諸々より全てのシーンが同じトーンに聞こえる。奮い立つような場面も、不安に揺れ動く場面も、どこも全部同じ調子の発声と演技なものだから感情が全く伝わってこない。この子は何を考えているんだろう、と不思議に思ってしまう。だからこそ大軍を率いる器には見えないし、「彼女が旗を振れば勝てる気がする」というレイモンの台詞に全く説得力を感じなかった。

個人的にキリスト教的考えが全面に出て来る話はとても苦手だったりする。宗教的思想の話がしたいんじゃなくて、単純に神様だったり悪魔だったり教会だったりというものを身近に感じていない為に親近感が湧かなくて、どうにもこういったジャンルには感情移入が出来ない。舞台だけでなく映画でも本でもそうで、改めて私の苦手ジャンルだったなあと冷静に思ってしまった。はっきり苦手だって分ったので今後は気をつけよう……

矢崎さんのアランソン公は口髭たくわえた男らしい隊長で中々新鮮だった。演技的には目新しさは無かったけれど。それが悪いというわけでは無くて、アランソン公爵というキャラクターをしっかりストレートに演じて仕事をしていたなという印象(偉そう)
ヨランド様役高橋ひとみさんやトレムイユ卿西岡徳馬さんあたりのベテラン勢はさすがに素晴らしかった!この大きな舞台をぐっと重厚にしていて深みを持たせてくれる。それとシャルル7世の妃であるマリー・ダンジューを演じた佐藤藍子さんもとてもよかったなー。優柔不断で根暗な旦那にそれでも甲斐甲斐しく寄り添って、最後までジャンヌの身を案じた優しさが滲み出ていた。

見せ場である筈の大人数の乱闘は見せ場である筈なのに一番いただけなかったなーと思う。重い甲冑に人数も多いから殺陣は大変なんだろうなと観客に思わせちゃったら駄目だと思うの……迫力は無いし完全に練習通りの順番で怪我しないように手合わせして自分の番終わったら捌けます、としか見えなかった。学芸会を見ているきもち。せっかく大人数で迫力が出そうな場面なのに完全にいらないシーンに見えてしまったわけで。だったら少数精鋭で見せたほうがよっぽど迫力があったんじゃないかなと思ってしまう。

ちょっと辛口過ぎた気もするけれど、自分の苦手分野という事を差し引いてもかなり高いお金払っちゃったなという気持ちになった。安く無いチケット代なんだからそれ相応のものを見せてもらわないと。
あ、でもレイモンがとてもかっこよかった!堀部さんのお顔が元々好きなので余計に!
スポンサーサイト

カテゴリー:舞台
テーマ:観劇  ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

aka

Author:aka
俳優矢崎広くんが好きです。
若手俳優中心の舞台関連の感想、レポ、企画中心
最近映画と海外ドラマの感想もはじめました。

月別アーカイブ

カテゴリ

予定

2016観劇済
うるう/ETERNAL CHIKAMATSU/『帝一の國』-血戦のラストダンス-/ジャージー・ボーイズ/KAJALLA「大人たるもの」/若様組参る/TARO URASHIMA/宮本武蔵(完全版)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。